成瀬東京英語村

Naruse Tokyo English Village

Page 2 of 3

自然に言えるようになりたい英語のフレーズ 「乾杯」

12月も初旬から中旬にさしかかってきて、忘年会のシーズンになってきました。

私もよく行く新橋では、午後5時を過ぎると大勢の人が飲み屋さんに向かっていく姿が日常なので、忘年会がなくても毎日飲んでいるという人も多いようです。

今回は、飲み会の席でよく言われる「乾杯!」という掛け声についての英語を話題にしてみたいと思います。

一番有名なのは、

Cheers!

という言葉ですね。
cheerは、「元気」「歓呼」という名詞と「元気づける」「励ます」「喝采する」などの動詞(自動詞・他動詞)の意味があります。
cheerを使った表現としては、

give a cheer (喝采をする)
make cheer(陽気にやる)
words of cheer(激励の言葉)
She was withouot cheer(彼女は元気がなかった)
Be of good cheer!(元気を出しなさい)
Christmas cheer(クリスマスのごちそう)※ごちそうという意味もある

Cheer up!(元気を出せ!、弱音を吐くな!)
cheer for a singer(歌手に喝采を送る)

などの使われ方があります。

簡単に言えば、「とても元気があって、陽気で、お互いに元気になろうよ」というような掛け声が「Cheers!」だと考えればいいと思います。

もう一つの表現としては、

Toast!

という表現があります。

toastと言えば、皆さんがよくご存じの焼パンの「トースト」です。
なぜ、このtoastが乾杯という意味になったかというと、その昔、飲み物にクルトン(よくスープなどに入っている焼いたパンのかけら)を入れたことが、そのきっかけになったそうです。

感じとしては、Cheersよりは、おとなしい感じがしますね。(私の主観ですが・・・)

drink a toast(乾杯する)
Let’s make a toast to ~(誰々のために乾杯しましょう)
Let’s drink(have) a toast to ~(誰々のために乾杯しましょう)
Let’s make a toast to our future.(私たちの未来のために乾杯しましょう)
You’re the toast of our company.(あなたは、私たちの会社の誉れです)

また、動詞としても使われることがあります。

We toasted the newly married couple.(私たちは新婚夫婦に乾杯した)

このほかの乾杯の表現としては

To your health! とか 単にYour health! とか、Good health!

また、To our happiness などもよく使われます。

ちょっと変わったところでは、

Prosit!(発音は、プロズィットです)

という表現もあるそうです。これは、成功を祝するような時に使われる乾杯の言葉だそうです。「成功を祈る」という意味もあります。

さらに、面白い乾杯の表現としては、

Bottoms up!

というものもあります。これは、グラスの底をあげましょうということで乾杯という意味になっています。特に、「ぐっと飲み干して!」という意味もあるので、日本で言う一気飲みみたいなものにも使われるのかもしれません。

Down the hatch!

これは、ハッチを下ろして、という意味ですね。hatchというのは、船の甲板にある昇降口の蓋のことを指します。最近は、飛行機のドアのこともハッチといいますね。

このハッチを開けて、お酒を流し込むというような意味で、どんどん飲もうぜ!というようなときに、いう言葉のようです。

以上は、多くの人に対しての乾杯という意味でしたが、
誰かひとりの人に対して心のこもった乾杯をする場合は、

Here’s to you!

というそうです。

ちょっとキザな表現で「あなたに乾杯!」というような時には、いいセリフだと思います。
(お酒の飲めない私には、まず無理ですが・・・)

乾杯の表現、いかがだったでしょうか?
それでは、忘年会ではあまり飲みすぎないよう気を付けてください。

ニュースで学ぶ英語「ミノル・ヤスイ氏に大統領自由勲章」

今回もNHKの「ニュースで英会話」からの話題を取り上げます。

皆さんは、安井 稔氏(Minoru Yasui)という日系人を知っていますか?

私はこのニュースで初めて知りました。

第二次世界大戦で日本がハワイの真珠湾を攻撃したことで、アメリカに住んでいた日系人はすべて強制収容所に入れられました。

この時、少数民族に対する夜間外出禁止令という名の基に、多くの日系人が抑留され、強制収容所に入れられるようになりました。

この夜間外出禁止令に反対して逮捕され、裁判で有罪となったのが、当時のヤスイ氏でした。

戦後、解放されたヤスイ氏は弁護士として、人種問題や社会問題に取り組みました。その後、ヤスイ氏は1984年に戦時中の有罪判決を裁判所に提訴し、その後1986年に亡くなりましたが、その2年後にアメリカ政府は、その判決が人権侵害に当たることを公式に認めました。

今回、ヤスイ氏の死後30年へ経て、戦時中の日系アメリカ人の扱いに抗議した公民権運動の指導者として、民間人として最高の栄誉である「大統領自由勲章」がヤスイ氏に対して贈られ、ヤスイ氏の娘のローリエさんにメダルが手渡されました。

以下、NHKの「ニュースで英会話」からの引用と、私の解説です。

A civil rights leader, who protested U.S.-government treatment of Japanese-Americans during World War II, has been awarded America’s highest civilian honor nearly 30 years after his death.
第2次世界大戦中のアメリカ政府による日系アメリカ人の扱いに抗議した公民権運動の指導者に対し、民間人として最高の栄誉賞が、死後30年以上を経て贈られました。

civil rights:公民権
Japanese-Americans :日系アメリカ人
protest:抗議する
※ in protest against~:~に抗議して
※ a Protestant:新教信者
award:(賞などを)授与する
America’s highest civilian honor:民間人として最高の栄誉賞
honor:名誉、栄誉(発音は、アーナー)※ownerとは違う(オウナー)

Minoru Yasui was one of 17 people who received this year’s Presidential Medal of Freedom. On Tuesday, President Barack Obama presented the medal to Yasui’s daughter, Laurie, at a White House ceremony.
ミノル・ヤスイ氏は、今年の「大統領自由勲章」を受章した17人のうちの1人です。火曜日(11月24日)にホワイトハウスで行われた授賞式で、バラク・オバマ大統領がヤスイ氏の娘であるローリエさんにメダルを授与しました。

Presidential Medal of Freedom:大統領自由勲章
presented the medal to~:~にメダルを授与した

(Barack Obama / U.S. President)
“He never stopped fighting for equality and justice for all. Today, Min’s legacy has never been more important. It is a call to our national conscience.”
オバマ大統領は、「ヤスイ氏は、全ての人々の平等と正義のために闘い続けました。今、ヤスイ氏が残してくれた遺産は、かつてないほどに重要なものになっています。それは、アメリカの良心を呼び起こしてくれるものです」と語りました。

for equality and justice for all:すべての人々の平等と正義のため
Min’s legacy:たぶんMinoru’s legacyという意味でしょう。
has never been more important:この表現を直訳すると、「これまでより重要ではありませんでした」となりますが、裏を言えば、「今はとても重要になっている」という意味になります。
our national conscience:我々の国の良心(アメリカの良心)
conscience:良心、道義心、善悪の観念(発音は、コンシャンス)

During the Second World War, the U.S. government imposed harsh restrictions on about 120,000 citizens of Japanese descent. Yasui was imprisoned for protesting a curfew on Japanese-Americans. He was later sent to an internment camp.
第2次世界大戦中、アメリカ政府はおよそ12万人の日系アメリカ人に、厳しい制約を課しました。ヤスイ氏は、日系アメリカ人への夜間外出禁止令に抵抗して投獄され、その後、強制収容所に送られました。

imposed harsh restrictions:厳しい制約を課す
harsh:過酷な
impose:負わせる、化する、押しつける
※impose high taxation:重税を課する
citizens of Japanese descent:日系市民
curfew:夜間外出禁止令、門限(発音は、カーフュー)
imprison:刑務所に入れる、収監する、監禁する
internment camp:収容所、抑留所、強制収容所

After the war, he continued to challenge the constitutionality of the government’s actions. He died in 1986. Two years later, the government officially admitted its actions were an abuse of human rights.
戦争が終わっても、ヤスイ氏は政府がとった政策は合衆国憲法違反だと訴え続けました。ヤスイ氏は1986年に亡くなりましたが、アメリカ政府はその2年後に、政府がとった措置は人権侵害に当たると公式に認めたのです。

constitutionality:合憲性、合法性(発音は、カンスティチューショナリティ)
officially admit:公式に認める
abuse of human rights:人権侵害
※violation of human rights:人権侵害
abuse:虐待(名詞)、虐待する(動詞)
※child abuse:児童虐待

以上ですが、結構難しい言葉が多かったですね。
今回、「大統領自由勲章」というものがあるのを始めてしりました。
民間人に対する勲章としては、最高位のものだということです。

日系アメリカ人の人権侵害をめぐる裁判において
フレッド・コレマツ氏(是松豊三郎氏)[1919-2005]
ゴードン・ヒラバヤシ氏(平林潔氏)[1918-2012]
も以前に受賞しているそうです。

自然に言えるようになりたい英語のフレーズ 「お疲れ様」

日本語で、日常一番使われている言葉の一つが「お疲れ様」ですよね。

よく、「ご苦労様」というのは目上の人には使ってはダメと言われますが、先日タモリさんが、「お疲れ様」も目上の人には使ってはダメな言葉だということを言われていましたので、結局言えるのは、「さようなら」が一番無難だなあと最近は考えるようになりました。

「お疲れ様」という言葉ですが、日本では自分が帰るときに、他の人にかける言葉でもあるし、逆に、「お疲れ様」と言われれば、そのまま「お疲れ様」とそのまま返す言葉でもあります。

昔は、これほど頻繁には使われていなかった言葉ではないでしょうか?おそらく残業の多い日本ならではの言葉のような気がします。

さて、本題に移りますが、英語で「お疲れ様」に相当する言葉ってあるのでしょうか?

要は、人が別れるときの言葉なので、

See you tomorrow. とか、
Good night. とか、
Take care.

とか言った言葉が普通に使われているように思います。

でも、相手の苦労に対して、感謝しながら答えるとすると、

Thank you very much for your trouble. とか
Thank you for helping me. とか
Thanks for your great work.

などが、適切のようです。

ここでtroubleという言葉の意味を掘り下げてみましょう。

troubleは名詞で「心配」「悩み」「苦しみ」「めんどうな事」「困った点」「問題点」んまどを意味する言葉です。

よく使われるのは、

I’m having trouble.  (困っています)
I had some trouble. (困りました)
I’m in trouble. Please help me. (困っているので助けてください)

などの使い方です。

これが、your troubleになると、少し意味が違ってきます。

Thanks for your trouble. (ご苦労様/お手間をおかけしました)
Thank you for your trouble. (ご苦労様でした/お手間をおかけしました)
Many thanks for your trouble. (ご苦労様でした)

というような意味になってきます。

一方で、必死で頑張っている人に対しては、

Why don’t you take a break?  とか
How about a coffee break?

とかが、かっこいい感じですね。

さらに、同僚や、子供などに、「よくやったね」という意味で

Good job !

というのもよく使われるようです。

結局、自分が帰るときに、人に言う言葉としては、。

Excuse me, I’m leaving now. See you tomorrow. と言って、

OK! See you tomorrow ! と答えればいいような気がします。

ニュースで学ぶ英語 「スーチー氏 政権移行に支援を」

NHKのサイトに「ニュースで英会話」というサイトがあります。ここでは、毎日のニュースを取り上げて英語を解説しています。

本ブログでも、気になったニュースを取り上げてご紹介したいと思います

まず、アウン・サン・スー・チーさんですが、皆さんご存知のように、先月ミャンマーの総選挙で勝利していよいよ軍事政権からの政権交代が実現しそうになっています。

日本ではスーチー氏と言われますが、英語では
Aung San Suu Kyiと書きます。4つの単語に分かれている名前なんですね。

スーチーさんの政党はNLD(国民民主連盟)という名称だそうですが、この政党が勝利したことで、従来の軍部の政権から、NLDに政権交代をし、さらに憲法の改正も行おうということで、各国の大使に新政権への移行を見守ってくれるように求めたというのがニュースの内容です。

以下、「ニュースで英会話」からの引用と私なりの説明を加えてみました。

Title : SUU KYI ASKS FOR INTL. SUPPORT
スー・チー氏 “政権移行に支援を”

Myanmar’s opposition leader wants foreign ambassadors to lend a helping hand as the country takes another step towards democracy.
ミャンマーの野党の党首は、ミャンマーが民主化をさらに進めるために支援の手を差し伸べてほしいと、外国からの大使に要請しました。

oppsittion leader:野党の党首
foreign ambassadors:外国からの大使
lend a helping hand:支援の手を差し伸べる
lend:貸す、過去・過去分詞はlent
towards:〜の方向に向かって
toward:~のほうへ

Aung San Suu Kyi is trying to ensure the change in government will go smoothly after her party’s landslide victory.
アウン・サン・スー・チー氏は、自身の党が選挙で圧勝したことを受け、円滑な政権移行を確実なものにしたいと考えています。
landslide victory:圧勝
landslide:地すべり、山くずれ、(選挙の)圧倒的勝利

Aung San Suu Kyi reportedly asked 40 ambassadors to support and monitor the transition. The new government is expected to take office sometime after March.
アウン・サン・スー・チー氏は、各国の大使(や外交官)40人に対し、来年3月以降に発足する見込みの新政権への移行を支援し、見守ってくれるよう求めたと伝えられています。

reportedly:伝えられるところでは
support and monitor the transition:移行を支援し見守る
take office:政権を握る
sometime after March:3月以降

People at the meeting say she told them her party, the National League for Democracy, plans to set up a team to handle the transition.
会談に出席した人によりますと、スー・チー氏は自らが率いるNLD=国民民主連盟に政権移行を取りしきるチームを立ち上げる考えを表明したということです。

National League for Democracy:国民民主連盟
set up a team:チームを立ち上げる

The Nobel laureate also said she wants to discuss changing the constitution with the military chiefs.
ノーベル賞受賞者であるスー・チー氏はまた、憲法改正について軍の司令官と話し合いを持ちたい考えも示しました。

Nobel laureate:ノーベル賞受賞者
the constitution:憲法(theがつく)

※constitution:構造、構成、組織

A quarter of the seats in parliament are reserved for members of the military.
議会の議席は、4分の1が軍人に割り当てられています。

parliament:議会(発音は、ーラメント)

On the economic front, she suggested reviewing projects involving illegal land seizure, but she stressed the NLD isn’t against foreign investment.
経済面では違法な土地収用などに関連したプロジェクトを見直す考えを示したものの、スー・チー氏は、NLDは(以前のように)海外からの投資に反対しているわけではないと強調しました。

On the economic front:経済面で
review:再調査する
illegal land seizure:違法な土地の差し押さえ(押収)
seizure:発音はスィージャー、「発作」という意味もある

※a heart seizure:心臓発作
foreign investment:海外からの投資
※investment stock:投資株
※a good investment:安全な投資

自然に言えるようになりたい英語のフレーズ 「ありがとう」

「ありがとう」という言葉は、英語でも最初に習う言葉ですが、感謝を述べる場合にもいろんな言い方があります。

Thank you!というのは、簡単ですが、
より気持ちを込める場合は、
Thank you so much.
というようにしましょう!
この時のポイントはsoの部分を長めにいう事です。

人の何かの行為に対して感謝する場合は、
Thanks for~という表現になります。
Thanks for your kindness.とか
Thanks for helping me.
というようになります。

さらに、丁寧なありがとうの場合は、
I appreciate your kindness.
というような表現や、他人になりかわって感謝する場合は、
My mother was grateful to your kindness.
というような表現もあります。

このgratefulという表現は、意外と知らないかもしれませんが、
a grateful letterは、感謝の手紙になりますし、
greatful feelingsは、感謝の気持ちという意味になります。

ここでfeelingfeelingsの違いが気になりますよね。

ネットで調べてみて私が納得した説明は、
feeling : 単純な感覚的反応
feelings : 奥深い感情
という説明でした。

感謝を表す場合は、やはり心の奥からということなので、
feelingsなのでしょうね。

Thanks for reading.

単語を調べるなら「weblio」が一番です

昔のように辞書を持ち歩かなくても、ネットで全部調べられるという時代になってはいるのですが、発音がよくわからないという単語もありますよね。

私はそんなときには、「weblio」というサイトをお薦めします。

感激!ネット英会話留学の「WEBで学ぶ」のページでも紹介している「weblio」は、単語の発音が聴けるというだけではなくて、調べた単語を使ったいくつかの例文も表示され、さらにその発音も聴けるという優れものの辞書です。

weblioのページに行って、「英語翻訳」というメニューをクリックすると、英語から日本語の翻訳と、日本語から英語の翻訳の2つができるようになっています。

でも、weblioってそれだけじゃないんです。もともとはネット辞書の会社として設立されているのですが、様々な事業展開をしていて、とても魅力のある会社だと思います。

その中でも注目は、Weblio英会話のページです。

このサイトは、スカイプ英会話のサービスを行っているページなのですが、このページの中には、とても面白いものが隠されています。

それは、「教科書・テキスト」というページです。ここには、無料で利用できるテキストのサイトが沢山紹介されています。発音なども聴けるのでとてもありがたいと思いました。

皆さんもぜひ、ご利用ください。

感激!ネット英会話留学では、このような無料で利用できるネット上の英語学習サイトをご紹介しています。自分にあった英会話習得法を見つけて勉強してみてください。

皆さん、英語は得意ですか?

こんにちは、管理人の河野です。

私の場合、英語は得意ではありませんが、とても好きです。

英語のリズムや流暢なながれという音の感覚は、日本語とは全く違います。

英語に限らず世界中の言葉に触れると、その音の新鮮さに興味がわいてきます。

日本人は、言葉の意味を考えすぎるくせがあると思いますが、日本語にも音の響きで伝える言葉があります。

それは、「くんくん」「はらはら」「さらさら」などの繰り返しの言葉です。音のもつ雰囲気で、意味がわかるというものは、日本語にかぎらず他の言語でもあるように思います。

英語を聞くときは、単語ではなく音の流れ全体を意識して聞くことが大切です。

英語の場合は、とても速いテンポで進む音と、ゆっくりと発音する音があります。速いテンポで進む音は聞き取りができませんが、音として何度も聞くことで一つのパターンとして覚えていくほうがよさそうです。

私も、日々勉強していますので、皆さんも頑張ってください。

それでは、また!

Youtubeで学ぶ~街角インタビュー

こんにちは、管理人の河野です。

皆さんは、これまで教科書的な英語にはたくさん触れてきていると思いますが、街を歩いている人が話している英語を聞くチャンスは少ないと思います。

この街角英語を学べるのが、「Youtubeで学ぶ」のページの中にある「街角インタビュー」という動画です。

Real English(街角インタビュー)はこちら

この動画では、街を歩く人たちに簡単な質問をしています。いろんな場所で、いろんな人に聞いていますので、この答えもまちまちです。

生の英語を直接聞くことができる貴重な動画ですので、ぜひ聞いてみてください。

英語はネイティブの人々だけでなく、世界中の多くの国で使われている言葉です。この動画では、旅行者へのインタビューもあるので、いろんな英語を聞くことができます。

ネット英会話の動画の閲覧方法について

こんにちは、管理人の河野です。

今日は、本サイトでの動画の閲覧方法について説明したいと思います。

まだ、無料会員に登録されていない方の場合

動画一覧のページを開いたら、Openボタンを押してください。別の新しいウィンドウが表示されて動画を見ることができます。別の動画を見たい場合は、別の動画のOpenボタンを押すことで動画が切り替わります。

Youtube動画の場合は、最初に広告の動画が流れることがありますので、その動画を途中でスキップするか、最後まで見ると目的の動画を見ることができます。

無料会員に登録されている方の場合

無料会員に登録された方は、まずログインを行ってください。ログインは各ページの左上にボタンがあります。メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押すと、サイトにログインできます。

ログイン後、動画の一覧ページに行くと、Openボタンの下にEmbedボタンがあります。このEmbedボタンを押すことで、ページ内で動画が開き、閲覧できるようになります。この動画を終了する場合は、右下の「×」を押すか、周りの黒い斜線の部分をマウスでクリックしてください。

また、続けて次の動画を見る場合は、左下にある左右の矢印ボタンで前後の動画に移動しながら閲覧することもできます。

Openボタンで動画を開くと、最初にYoutubeの広告が表示され、動画の本篇をすぐに見ることが出来ない場合がありますが、Embedボタンで動画を開くと最初の広告が表示されることなく、直接動画の本篇を見ることができます。

動画の再生中に動画の下部に広告が出てくることがありますが、広告の右上の×をクリックすると、広告は消えます。

是非、無料会員に登録してみてください

英会話をスムーズに勉強していただくために、ぜひ無料会員に登録ください。

無料会員の登録方法は、各ページの左上にある「今すぐ無料会員登録!」のボタンを押して、メールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

自動でそのメールアドレス宛てにメールが送られますので、そのメール内にある本登録用のアドレスをクリックすると、無料会員の登録画面が開きますので、続けて登録を行ってください。

登録に必要な項目は、メールアドレス、名前(ペンネームも可)、パスワードの3つだけです。また、登録画面の下にいくつかのアンケートがありますので、よろしければお答えください。アンケートは今後の運営の参考とさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

感激!ネット英会話留学がスタートしました!

皆さん、こんにちは。管理人の河野です。

本日(2015年11月8日)、このサイトをアップすることができました。

日本中のすべての方にもっと英語に触れて、話せるようになってほしいと思い、このサイトを作りました。

私たちは、インターネットを通して学校の勉強にはない、もっともっと身近な英語に触れることができます。

特に、画面が広いパソコンを使えば、英語を集中して勉強できますので、英語をあきらめかけた大人の皆さんも、毎日コツコツ続けることで、英語に少しでも触れる生活をしてみてください。

そのうちに、ある日突然、英語がはっきりと聞こえてきたり、口から簡単な英語が飛び出すようになるかもしれません。

私自身も皆さんといっしょに英会話を学んでいきたいと思っています。

このサイトは、英会話を学びたいという日本中の方に見ていただいて、ご利用いただければと思っています。

無料会員に登録していただくと、より集中して学ぶ環境を提供していますので、是非登録してみてください。

« Older posts Newer posts »