今回の問題は、アップルが犯罪者のiPhoneのパスコードを解除するかどうかのニュースです。
アップルは拒否していますが、アメリカ政府との対立は深まっているようです。

U.S. FILES NEW MOTION AGAINST APPLE

「米政府、アップルに対する新たな要請を提出」

FILE:提出する
MOTION:要請

U.S. government officials are ratcheting up the rhetoric in their fight with Apple.

アップルと対立しているアメリカ政府は、次第に強い言葉でアップルを非難し始めています。

U.S. government officials:アメリカ政府
rhetoric:美辞麗句、説得力のある言葉(レトリック)
ratchet up:徐々に増やす(rachetはボルトなどを締め上げるための工具)
in their fight with Apple:アップルとの戦いの中で

They say the firm’s refusal to unlock the iPhone of a suspected killer is a marketing ploy.

アメリカ政府は、殺人事件の容疑者が所有するiPhoneのロック機能を解除することをアップルが拒んでいるのは、営業のための策略だとしています。

firm:会社
refusal:拒否(発音はリフューゾル)
unlock:ロックを解除する
a suspected killer:殺人の容疑者
a marketing ploy:マーケッティングの策略
ploy:策略

Justice Department officials filed a motion seeking to force Apple to comply with a court order.

アメリカ司法省は、(捜査協力を求めた)裁判所の命令にアップルが従うよう、申し立てを行いました。

Justice Department officials:アメリカ司法省
file a motion :申し立てを行う
comply with:~を受け入れる
a court order:裁判所命令

They need the firm’s help to access the phone of one of two suspects in last year’s San Bernardino shootings.

去年サンバーナディーノで起きた発砲事件の容疑者2人のうち1人が所有するiPhoneを解析するために、アップルの協力が必要なのです。

last year’s San Bernardino shootings:昨年のサンバーナディーノでの発砲事件
suspects:容疑者

Executives at the tech giant had earlier refused the order to disable the phone’s passcode protections.

(しかし)アップル側は、iPhoneのロック機能を無効にする要請を拒否していました。

Executives:上層部
the tech giant :the tech giant(技術の巨人)=Apple
had earlier refused the order:それ以前にその命令を拒否していた
disable the phone’s passcode protections:iPhoneのパスコードロックを無効化する

Justice Department officials say Apple is mainly concerned about its business model and marketing strategy.

アメリカ司法省は、アップルが主に懸念しているのはビジネス上の販売戦略だとしています。

is mainly concerned about :主に~について心配している。
business model:ビジネスモデル
marketing strategy:営業戦略

Analysts say the firm is trying to protect its image by showing that it values privacy.

また専門家は、アップルは個人情報を守る姿勢を示すことで、ブランドイメージを守ろうとしていると分析しています。

Analysts say:専門家は~と言っています
by showing that it values privacy:「そのことが、プライバシーを評価している」ということを示すことによって
is trying to protect its image :会社のイメージを守ろうとしている

—————–

このニュースには、賛否両論があってなかなか面白いです。

有名なウイルス対策ソフト「マカフィー」の創業者であるマカフィー氏は、「2週間あれば、私がパスコードのロックを解除してやる」と言っているそうです。

犯人捜索の捜査に協力するのか、それとも容疑者の人権を守るのかは、日本においても議論があるところだと思います。

iPhoneのパスコードは10回以上間違えて入力すると、中のデータが消されてしまうという危険なものです。
私たちもパスコードを忘れたときには、自分のデータを失ってしまう危険性があり、できればアップルにはそんなに厳しくしてほしくないと個人的には思っています。

最近は、スマホで何度かパスワードを間違えるとロックがかかるような仕組みがありますが、高齢者にとってはとても困った問題です。

「個人情報を守ること」と、「パスコードを忘れた人のデータを守ること」を二者択一にすべきではなく、両方を守れる企業であってほしいと思います。

アップルストアで、本人確認(アップルIDやパスワード、電話番号、住所などの確認)の上でパスコード解除ができるように、アップルも考えていってほしいと思います。