成瀬東京英語村

Naruse Tokyo English Village

Month: 3月 2016

英語を習ってきたはずなのに、話せないのはなぜ?

1.相手のいうことが聞き取れない

単語を辞書で調べれば、書いている大抵の英文の意味は理解できます。

でも、英語で話している内容は、聞き取れないし、理解できない。

まず、大きな壁は簡単な英語の単語であっても、「聞き取れない」ことが多いという点です。

これは、私たちの耳が、日本語の音しか反応できない耳になってしまっているということかもしれません。

学校教育の中では、まず英語の単語(スペル)を目で見て覚え、それから発音記号などを目にして、最後に発音をしていますが、このような手順がそもそも間違いであるのかもしれません。

 

幼児が日本語を覚えるときだって、音が先で、文字が後だと思うのです。

どうも、私たちは英語の音を聞いた時に、文字を思い浮かべるような回路が自然にできてしまっているのかもしれません。

これは、日本語の漢字の熟語を聞いたときに、漢字を即座に思い浮かべて、意味を考えるという手順に似ているような気がします。

 

例でいうと、日本歴史のドラマやアニメなどを見ていると、

偉い人に向かって家来が「御意」という場面がよくあります。

音で「ギョイ」という音を最初に聞いたときは、全く意味がわからないのですが、文字にすればなるほどと思うわけです。

このように日本語の場合は、音だけでは識別が難しく、文字を思い浮かべないと意味を推察できない言葉が沢山あるように思います。

こういったことで、私たち日本人は音を聞いて、文字に変換するという癖がついているのかもしれません。

 

さらに、英語の話し言葉になると、単語と単語がつながって聞こえるために、どんなにゆっくりと話してもらっても単語を識別できないこともあります。

この単語のつながりや切れ目というところに耳が慣れていないことが、聞き取れない原因ではないかと思います。

単語のつながりの部分の発音が一番難しいのは「英語の歌」だと思います。

そういう意味では、英語の歌を聴きながら、英語特有のリズムや切れ目、つながりなどを真似することが耳を強くするトレーニングになるかもしれないと思います。

 

2.語順に迷う

いろんな英文の言い方を勉強したとしても、いざ話そうとすると「最初はどの単語から始めたらいいんだろう」と頭で考えてしまいます。

何か決まった言い方があって、それに合わせて話しているような場合は暗記しているように言えても、それ以外のことになるとさっぱり英語が出てこないということになってしまいます。

日本語でどんなことを言おうかとまず考えて、それから英語の文を作っているようでは、会話では到底間に合わないことはあたりまえです。

しかし、私たちは日本人なので、まず日本語で考えるということはあたりまえなのです。

問題は、日本語と英語の語順が全然違うので、そこで時間がかかってしまうのです。

 

この問題について考えるときに、いつも思い出すのが「韓国語」です。

実は、韓国語の語順と日本語の語順は完全に同じなのです。

ですから、韓国語を話す場合は、単語を思い出す必要はありますが、語順について悩む必要がなく、日本語を思い浮かべながら、そのまま韓国語の単語に置き換えながら話せばいいだけなのです。

つまり、語順さえマスターできれば、意外と語学を学ぶことは簡単かもしれないということです。

 

3.文法ではなく、語順感覚を身につける方が速い

単語は一気には覚えられませんが、話す中で使う単語はそれほど多いわけではありません。

私たちは日本語を話すときに、語順を意識しながら話すことはそれほどないと思います。

でも、日常的に日本語の語順を意識して話すように心がけたらどうでしょう。

たとえば、

「今日は病院に行ってから、学校に行く予定なんだよね。」

の文章を

「私が行く予定にしているのは、学校、それは病院に行った後で、それは今日ね」

というように語順を意識して変えてみるわけです。

これって、全く逆の語順になっていると思います。

これこそが、日本語を英語にする感覚と同じだと思うのです。

 

実のところ、英語を話すことなしに、日本語だけで英語の語順感覚を鍛えることこそが、英語を話すために必要なことだと思うのです。

それは、通勤途中の電車の中でも手ぶらでできることです。

私が、このような意識に変わってきたのは、今年の2月からノコテック・ラボのある町田市の成瀬の教室内で、スピークジムという英会話教室を始めるようになって、そのレッスンを受け始めたことがキッカケでした。

スピークジムでは、自分がこの一週間に経験したことなどを英語で自由にスピーチする時間を与えられます。

また、突然イラストや写真を見せられて、それについて感じたことを話すというトレーニングもあります。

もちろん、たどたどしい英語でスピーチをするのですが、自分の経験したものを自分なりにまとめて話そうとすることで、少しずつ表現の仕方を必死で生み出していく感覚を身につけていくことができます。

正解があるわけじゃないし、わからない単語は日本語でもいいというのがスピークジムのトレーニング方法なのです。

例えれば、赤ちゃんが初めて言葉を話しながら、言いたいことを伝えようとするような感覚です。

恐らく、こういう原始的な部分から言葉というものは、身についていくものかもしれないと、最近は考えるようになりました。

 

まだ、先は長いのですが、日本人の英語を根本から変えて、誰もが気軽に英語を話せるようになる時代が来ればいいなあと思っています。

ニュースで学ぶ英語「捜査協力か個人情報保護か」

今回の問題は、アップルが犯罪者のiPhoneのパスコードを解除するかどうかのニュースです。
アップルは拒否していますが、アメリカ政府との対立は深まっているようです。

U.S. FILES NEW MOTION AGAINST APPLE

「米政府、アップルに対する新たな要請を提出」

FILE:提出する
MOTION:要請

U.S. government officials are ratcheting up the rhetoric in their fight with Apple.

アップルと対立しているアメリカ政府は、次第に強い言葉でアップルを非難し始めています。

U.S. government officials:アメリカ政府
rhetoric:美辞麗句、説得力のある言葉(レトリック)
ratchet up:徐々に増やす(rachetはボルトなどを締め上げるための工具)
in their fight with Apple:アップルとの戦いの中で

They say the firm’s refusal to unlock the iPhone of a suspected killer is a marketing ploy.

アメリカ政府は、殺人事件の容疑者が所有するiPhoneのロック機能を解除することをアップルが拒んでいるのは、営業のための策略だとしています。

firm:会社
refusal:拒否(発音はリフューゾル)
unlock:ロックを解除する
a suspected killer:殺人の容疑者
a marketing ploy:マーケッティングの策略
ploy:策略

Justice Department officials filed a motion seeking to force Apple to comply with a court order.

アメリカ司法省は、(捜査協力を求めた)裁判所の命令にアップルが従うよう、申し立てを行いました。

Justice Department officials:アメリカ司法省
file a motion :申し立てを行う
comply with:~を受け入れる
a court order:裁判所命令

They need the firm’s help to access the phone of one of two suspects in last year’s San Bernardino shootings.

去年サンバーナディーノで起きた発砲事件の容疑者2人のうち1人が所有するiPhoneを解析するために、アップルの協力が必要なのです。

last year’s San Bernardino shootings:昨年のサンバーナディーノでの発砲事件
suspects:容疑者

Executives at the tech giant had earlier refused the order to disable the phone’s passcode protections.

(しかし)アップル側は、iPhoneのロック機能を無効にする要請を拒否していました。

Executives:上層部
the tech giant :the tech giant(技術の巨人)=Apple
had earlier refused the order:それ以前にその命令を拒否していた
disable the phone’s passcode protections:iPhoneのパスコードロックを無効化する

Justice Department officials say Apple is mainly concerned about its business model and marketing strategy.

アメリカ司法省は、アップルが主に懸念しているのはビジネス上の販売戦略だとしています。

is mainly concerned about :主に~について心配している。
business model:ビジネスモデル
marketing strategy:営業戦略

Analysts say the firm is trying to protect its image by showing that it values privacy.

また専門家は、アップルは個人情報を守る姿勢を示すことで、ブランドイメージを守ろうとしていると分析しています。

Analysts say:専門家は~と言っています
by showing that it values privacy:「そのことが、プライバシーを評価している」ということを示すことによって
is trying to protect its image :会社のイメージを守ろうとしている

—————–

このニュースには、賛否両論があってなかなか面白いです。

有名なウイルス対策ソフト「マカフィー」の創業者であるマカフィー氏は、「2週間あれば、私がパスコードのロックを解除してやる」と言っているそうです。

犯人捜索の捜査に協力するのか、それとも容疑者の人権を守るのかは、日本においても議論があるところだと思います。

iPhoneのパスコードは10回以上間違えて入力すると、中のデータが消されてしまうという危険なものです。
私たちもパスコードを忘れたときには、自分のデータを失ってしまう危険性があり、できればアップルにはそんなに厳しくしてほしくないと個人的には思っています。

最近は、スマホで何度かパスワードを間違えるとロックがかかるような仕組みがありますが、高齢者にとってはとても困った問題です。

「個人情報を守ること」と、「パスコードを忘れた人のデータを守ること」を二者択一にすべきではなく、両方を守れる企業であってほしいと思います。

アップルストアで、本人確認(アップルIDやパスワード、電話番号、住所などの確認)の上でパスコード解除ができるように、アップルも考えていってほしいと思います。

ニュースで学ぶ英語「小澤征璽さんにグラミー賞」

2月16日、小澤征璽さんがグラミー賞を受賞したとのニュースが流れました。

80歳となった小澤さんは、世界的にみても納得の受賞なのですが、ここ数年は体調を崩したりしていたので、心配していた方も多いと思います。

「JAPANESE CONDUCTOR WINS GRAMMY」

「日本の指揮者、グラミー賞を獲得する」
「win  Grammy」でグラミー賞を受賞するという意味です。

Renowned Japanese conductor Seiji Ozawa has won a Grammy for the Best Opera Recording for a 2013 performance.

Renowned:有名な、名高い ※発音はリナウンド
conductor:指揮者
a Grammy for the Best Opera Recording:グラミー賞の最優秀オペラレコーディング賞

Ozawa conducted a Maurice Ravel piece at the Saito Kinen Festival Matsumoto in central Japan. He released a statement calling the rehearsals and performances “fruitful” and “enjoyable.” He also says he wants to share the joy with the performers.

central Japan:中部日本
a Maurice Ravel piece:モーリス・ラヴェルの作品
rehearsals :練習(リハーサル)※発音は、リハーソル、アクセントは、ハ。
performances:公演
“fruitful” and “enjoyable”:実り多く楽しい
released a statement:談話を発表した
wants to share the joy:喜びを分かち合いたい

Ozawa served as music director of the Boston Symphony for nearly 30 years. He has won accolades for his performances with the Berlin Philharmonic and other leading orchestras. The 80-year-old conductor has been nominated for a Grammy multiple times, but this is his first time winning.

serve as music director:音楽監督を務める
the Boston Symphony:ボストン交響楽団

win accolades:賞賛を獲得する
the Berlin Philharmonic Orchestra :ベルギー・フィルハーモニー管弦楽団
Philharmonic:フィルハー/モニック ※アクセントは「モ」
orchestra:オーケストラ ※アクセントは最初の「オ」

nominate:候補に挙げる
multiple times:複数回
his first time winning:彼の最初の受賞

—————

「アカデミー賞」・・・映画 Academy Awards(オスカー像が授与)
「グラミー賞」・・・音楽 Grammy Awards
「トニー賞」・・・演劇・ミュージカル Tony Award(Antoinette Perry Award)
「エミー賞」・・・テレビ放送 Emmy Award

いろんな賞があって、混同しそうですね。

日本には「日本アカデミー賞」というものがありますが、その他の賞は聞いたことがありませんね。

むしろ、直木賞、芥川賞の方が有名ですね。