西之島

それでは、今回もNHKの「ニュースで英会話」から最近のニュースを取り上げてみたいと思います。

皆さんもニュースで見たことがあると思いますが、東京からおよそ1000キロ南にある西之島という島が2年前に噴火を開始して、ここ2年間で最初の島の面積の12倍まで大きくなったというニュースです。

日本としても、領土が大きくなるということでうれしいのでしょうが、それよりも噴火は止む気配もなく、未だに活発な活動を続けているようです。

個人的には、大相撲の四股名として「西之島」という名前を誰かがつけるのではと楽しみに待っているところです。

この場合は、「に~し~、にしの~し~ま~」ではなくて
「みな~み~、にしの~し~ま~」と言わないといけないと思います。(笑)

ちなみに、「西の島」や「西ノ島」ではなく、「西之島」という字を書きます。

この文字をGoogleマップで検索すると、小笠原諸島のちょうど西に「西之島」があることがわかります。

それでは、そろそろ本題に入りましょう!

JAPAN’S GROWING ISLAND(日本の成長する島)

Japanese officials are keeping an eye on a part of their country that keeps on growing. They’ve been out to see a remote Pacific island that’s expanding because of volcanic eruptions. They say it’s now 12 times its original size.

日本国土の一部分が拡大を続けており、当局が注目しています。遠く離れた太平洋の島の面積が火山の噴火の影響で広がり続けており、その様子を確認するために人を派遣したところ、島は現在、元の大きさの12倍になっているということです。

Japanese officials :当局
keep an eye on~ :~を注視して見守る
They’ve been out to see:様子を確認するために当局は人を派遣した
remote:遠く離れた
volcanic eruption:火山の噴火(発音はボルキャーニック・イラプション)

Staff from the Japan Coast Guard flew over the island of Nishinoshima, about 1,000 kilometers south of Tokyo. They say a crater in the center was producing explosive eruptions. They also saw lava flows.

海上保安庁の職員が、東京からおよそ1,000キロ南に位置する西之島の上空を飛行しました。海上保安庁の話では、島の中央部の火口では爆発的な噴火が度々起こり、溶岩の流出も確認されているということです。

the Japan Coast Guard :海上保安庁
flew over~:~の上空を飛行した(fly flew flown)
about 1,000 kilometers south of Tokyo:東京の南およそ1000キロ
crater:噴火口、クレーター(発音はクレイター)
explosive:爆発性の(発音は、イクスプローシブ)
lava flow:溶岩流(発音は、ラヴァフロウ)

The eruptions began two years ago. An island formed next to one that already existed. Lava flows joined the two islands into one, which then grew. The island now has an area of more than two and a half square kilometers. Experts note the eruptions have become more explosive.

この噴火は2年前に始まり、すでにあった島の隣に新たな島ができました。溶岩流が(元の島をのみ込んで)2つの島を1つにし、その後も拡大を続けています。現在の島の面積は2.5キロ平方メートル以上で、専門家によりますと、噴火活動はより活発なものになっているということです。

form:形づくる、形成する
 joined the two islands into one:2つの島を1つに結合した
which then grew:そして、それは成長した
has an area of~:~の面積を持っている
two and a half square kilometers:2.5キロ平方メートル
Experts:専門家
note:言及する

 

今回の新しい単語で覚えておきたいのは、lava溶岩ということです。

ちなみに、動物のラバのことは、muleといいます。

女性が夏になると履いているミュールもこのmuleです。

muleには、「がんこ者」という意味もあって、

He is as obstinate as a mule.(あいつは石頭だ。「ラバと同じで頑固だ」)

というような表現もあります。
obstinateは、がんこな、強情なという形容詞、発音はアブスタネット)

決して、ミュールを履いている女性が頑固者と言う意味じゃありませんので、間違えないようにしてください。

全く関係ない話で恐縮ですが、
ラバというのは、オスのロバとメスの馬から生まれた動物だそうです。
一方、メスのロバとオスの馬から生まれた動物はケッティというそうです。
(ケッティは、英語ではHinnyと呼ぶそうです)

いつの間にか、西之島の話がラバの話になってしまいました。(笑)
それでは、今日はこのへんで。